東京葛飾 父子家庭当事者の会 活動報告ブログ
『東京葛飾 父子家庭当事者の会』の活動報告と 今後の予定や活動構想などを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画停電に備えよう。本番はこれから。

計画停電で混乱が生じているようです。



ちょっと前から節電からみのチェーンメールも出回っているようですが、
今の日本の発電システムでの供給量は、もともと蓄電とかで対応できるどころのレベルではないので、
「蓄電が底をつく」という表現がそもそもおかしいのと、


西日本エリアの余剰電力が東日本にまわされているのは事実らしいのですが、
その中間地点にある西日本の60ヘルツ電力を東日本の50ヘルツに変電する施設の能力では、
今回の東日本の電力不足にはとても追いつけないのだそうです。



ぼくなりの解釈ですが、
現在残っている発電所フル稼働で供給できる電力量では、
これまで温暖化対策として推奨されてきたオール電化のご家庭もたくさんある東日本の電力需要に、
曜日や時間帯によっては追いつけない状況になるため、
大規模停電を防ぐ目的のため、あらかじめエリアわけをしておいて、


いよいよ供給足らずになりそうなときに、
対象エリアにはごめんなさいですが、と送電を停止するものと思ってます。
(なので必ず停電するわけではない)




初日である月曜は、
鉄道会社やたくさんの店舗が思い切って運休・休業などで協力してくれたおかげで
計画停電は最小限の実施ですみましたが、


「なんだ、停電しないじゃん。大丈夫じゃん」と判断されるかたが増えてしまうと
計画停電の実施エリアはどんどん増えてしまうでしょう。


(大量に電力を消費するからと交通機関をもとめてしまうのもどうかとも思いましたが、
それほどの事態なんですね)




そういう意味での混乱も予想される火曜以降、
当面の間はぼくたちも覚悟しなくてはならないようです。




なによりまず各自、各社が節電により需要量の増加を防ぐことに協力すること。




結果として、節電からみのチェーンメールと同じ呼びかけになってしまいましたが、節電に限らず

「今できることをできるだけ」の精神で、皆で早い復興のため、

この困難をともに乗り切っていきましょう。




※(補足解釈)一部、水力発電所が落とした水を夜間電力でくみ上げて翌日の発電に使うことが、
唯一(供給レベルの)「蓄電」として機能するものですが、その水が減ってしまっていることが
今回のチェーンメールの根拠になっているのかもしれませんね。


※余震の残るエリアで「ろうそく」による照明節電行為は安全とは思えません。細心のご注意を!
スポンサーサイト

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tkfusi.blog94.fc2.com/tb.php/52-e915e4ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事



プロフィール

原島 陽一

Author:原島 陽一
満を持して活動開始です(*^ー^)ノ






にほんブログ村 家族ブログ シングルパパへ
SEO対策:父子家庭
SEO対策:母子家庭
SEO対策:ひとり親家庭
SEO対策:児童扶養手当
SEO対策:男女平等

父子家庭を応援しよう【フレンチトースト基金】



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



当会へのお問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。